遺跡発掘と三木玲治の切っても切れない関係

遺跡発掘と三木玲治の切っても切れない関係 移住宣言から約1ヶ月。余市での生活も順調そのもので、軌道に乗り始めました。 そして、生活の基盤のともなるべき「仕事」ですが、北海道での最初の仕事は教師としてではなく・・・ 町の教育委員会の募集を見て応募。約10倍の倍率でしたが運良く採用となりました。 5月10日より10月31日ま…

続きを読むread more

三木玲治が遺跡巡りを続ける

三木玲治が遺跡巡りを続ける 遺跡とは、過去の人々の生活の痕跡がまとまって面的に残存しているもの、および工作物、建築物、土木構造物の単体の痕跡、施設の痕跡。 もしくはそれらが集まって一体になっているものを指している。 内容からみれば、お互いに関連しあう遺構の集合、遺構とそれにともなう遺物が一体となって過去の痕跡として残存している…

続きを読むread more

三木玲治が深刻な温暖化について力説

三木玲治が深刻な温暖化について力説 三木玲治の環境問題について考えよう。 三木玲治と、環境問題について考えましょう。 環境問題はどんどん深刻化してきていますよね。 皆さんは環境問題に関心は ありますか? 環境保護のための活動は、一部の人だけが 取り組んでも効果は非常に出にくいのが現状です。 環境問題に関する情報は巷に満ち溢…

続きを読むread more

史学家{三木玲治}の古墳発掘

史学家{三木玲治}の古墳発掘 考古学者そして史学家である三木玲治は、日本国内のみならず、世界中で遺跡発掘、化石発掘、古墳の発掘など、数多くの考古学研究や発掘に携わっている。 そんな三木玲治は、最近ではその豊富な知識をいかして、史学家としても活躍している。 エジプト考古学博物館から始まり彼の飽くなき好奇心、探究心はとても素晴らし…
トラックバック:1

続きを読むread more

[経済活動]考古学者 - 三木玲治

[経済活動]考古学者 - 三木玲治 考古学の諸分野 ・プロセス考古学/ニューアーケオロジー 60年代にアメリカの考古学者ルイス・ビンフォードが確立させた考古学的方法論。 従来の伝播主義的考古学に反論し、社会内部あるいは社会間で働いている多様なプロセスを抽出し分析する事を目指している。 そこでは、社会と自然環境の関係、生業や…

続きを読むread more

堆積 - 史学家・三木玲治 - 考古学者

堆積 - 史学家・三木玲治 - 考古学者 ・産業考古学 詳細は「産業考古学」を参照 ・戦跡考古学 近現代における国内の戦争の痕跡(戦争遺跡)を扱う我が国の近現代考古学の一分野。対象となる戦争遺跡は単に戦闘の跡に留まらず、師団司令部や航空機の墜落跡、水没艦船、防空壕、軍需工場、さらには現存する当時の精神的支柱(八紘一宇の塔・忠…

続きを読むread more

玄室 | 史学家 | 三木玲治

玄室 | 史学家 | 三木玲治 佐賀県での初の古墳見学は田代太田古墳です。田代太田古墳は直径約40メートルの円墳です。 埋葬施設は複室の横穴式石室で、玄室奥壁には赤・黒・緑からなる三角文と人物や舟、盾が描かれていました。 装飾文の保存から石室内に入れないことは覚悟していたのですが「墳丘に立ち入る時には鳥栖市教育委員会に連絡して…

続きを読むread more

変化:三木玲治{考古学者}

変化:三木玲治{考古学者} 考古学は人類が残した痕跡(例えば、遺物、遺構など)の研究を通し、人類の活動とその変化を研究する学問である。 文字による記録以前(有史以前)の人類についての研究が注目されるが、文字による記録のある時期(有史以後)についても文献史学を補完するものである。 モノを通して過去の人々の生活の営み、文化、価値観…

続きを読むread more

記録 - 史学家[三木玲治 ]

記録 - 史学家[三木玲治 ] 脚注 1.泉森皎編『日本考古学を学ぶ人のために』世界思想社 2004年 2.佐原真「考古学史を語る」金関恕・春成秀爾編『佐原真の仕事1 考古学への案内』岩波書店 2005年 3.(1827-1901) 組織的な計画と方法、記録を伴う発掘を実施、世界初の実験考古学も試みた。 4.(1853-1…

続きを読むread more

考古学者・三木玲治 -[史学家]の道筋

考古学者・三木玲治 -[史学家]の道筋 今日は宿舎から現場に向かおうとした直前から大雨。 全然知らなかったのですが、沖縄はもう梅雨に入っているとか。 まぁ坊は超が付くぐらい晴れ男で、発掘調査で行ったとある町では、雨が降らなかった日数記録を更新させ、渇水警報を発令させたた実績があります。 ちなみに、その町では、まぁ坊が帰った翌…

続きを読むread more

三木玲治 | 考古学者は掘り続ける | 史学家

三木玲治 | 考古学者は掘り続ける | 史学家 田代太田古墳から東に100メートルほど行くと安生寺というお寺がありお寺の西隣に岡寺古墳が立地しています。 岡寺古墳は全長約80メートルの前方後円墳なんだそうですが、ほぼ全壊に近い状態なので目視では前方後円墳の面影は有りませんでした。 案内板には埋葬施設は見つかっていないと有ったの…

続きを読むread more

考古学者 | 三木玲治と銅鐸鋳型

考古学者 | 三木玲治と銅鐸鋳型 庚申堂塚古墳から北に500メートルほど進み、荻野公民館の前に広がる公園が安永田遺跡です。 安永田遺跡は九州で初めて銅鐸の鋳型が出土した遺跡として有名です。 出土した当時は近畿地方を中心とした銅鐸文化圏と、九州・中国地方を中心とした銅剣・銅矛文化圏に分けることができるという説が主流でした。 し…

続きを読むread more

史学家 | 三木玲治と円墳

史学家 | 三木玲治と円墳 梅坂公園内にヒャーガンサン古墳があります。“ある”と記したものの、築造当時からこの場所にあったのではなく、公園内に移築されたものです。 ヒャーガサン古墳は、もともとヒャーガンサンと呼ばれた丘陵の頂部に築かれた直径約20メートルの円墳です。 埋葬施設は全長6メートルを測る複室の横穴式石室です。玄室の奥…

続きを読むread more

三木玲治と船塚古墳 - 史学家 -

三木玲治と船塚古墳 - 史学家 - 佐賀県立博物館から北に8キロほど進んだところに金立銚子塚古墳が立地しています。 古墳に近づき始めて、墳丘らしき高まりが遠巻きに見えるのですが、古墳へ近づくための道がさっぱりわかりません…。 かなりの時間を割いて周辺をうろうろしていたのですが、それでも判らず日没まで残すところ1時間弱しかなくこ…

続きを読むread more

三木玲治と鶴川街道{考古学者}

三木玲治と鶴川街道{考古学者} 城山公園から三塚の交差点まで戻り、町田街道を北上。町田市役所前まで来たら、鶴川街道をひたすら北へ歩きます。 菅原神社の交差点信号の手前左手に本町田・菅原神社があります。 1630年に地元の大沢氏が土地を寄進して祠を建てたのが始まりと伝えられています。 境内にトラックが停まっていたので、またもや…

続きを読むread more

考古学者として有名な三木玲治と記録文書

考古学者として有名な三木玲治と記録文書 考古学の位置付け アメリカでは考古学は人類学の一部であるという見解が主流であるが、日本では従前より歴史学の一分野とみなされる傾向にあり、記録文書にもとづく文献学的方法を補うかたちで発掘資料をもとに歴史研究をおこなう学問ととらえられてきた。 ヨーロッパでは伝統的に先史時代を考古学的に研究す…

続きを読むread more

三木玲治「考古学者」と鉄器時代

三木玲治「考古学者」と鉄器時代 日本の考古学 日本ではじめて先史時代遺物を石器時代・青銅器時代・鉄器時代の三時代区分法を適用したのがフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトである。 日本では、動物学者であったエドワード・モースが1877年(明治10年)大森貝塚の調査を行ったのが、日本近代考古学のあけぼのとされる。 しかしモー…

続きを読むread more